充実感と満足感のある心地良い睡眠・快眠は健康と美容だけでなくダイエットにもなり、あなたを美しくキレイに変身させるでしょう

Menu ▼
疲れで睡眠・快眠ができない脳のメカニズムは
快眠とスッキリした朝の目覚めのテクニック
睡眠・快眠ダイエットで太らない体質づくり
健康・美容でキレイになる睡眠・快眠の法則
キレイになるには睡眠のためのテクニックがある
「快眠」や「いい眠り」にはすごいメリットや効果
睡眠・快眠の取り方
睡眠・快眠だけでスキンケアの美容ができる
 
疲れで睡眠・快眠ができない脳のメカニズムは
快眠とスッキリした朝の目覚めのテクニック
睡眠・快眠ダイエットで太らない体質づくり
健康・美容でキレイになる睡眠・快眠の法則
キレイになるには睡眠のためのテクニックがある
「快眠」や「いい眠り」にはすごいメリットや効果が
睡眠・快眠の取り方
睡眠・快眠だけでスキンケアの美容ができる

寝酒は寝つきは良いが睡眠の質を悪くする


お酒を飲むと眠くなりますね。

たとえば、睡眠時間の限られている人や、寝つきの悪い人などは「ちょっとでも早く寝付きたいから」と、アルコールのリラックス効果を利用する人もいます。



しかし、お酒を飲んでよくなるのは寝つきだけ。

睡眠の質はかえって悪くなってしまいます。


アルコールは体内に入ると分解されて、4時間ほどで醒めてきます。
アルコールの血中濃度が下がるのにともなって覚醒度は上がり、
睡眠が浅くなります。

また、アルコールにはレム睡眠を抑制する作用があり、90分周期の睡眠サイクルを壊してしまいます。お酒を飲んだ直後はノンレム睡眠だけになるのでぐっすり眠れるのですが、その後は抑えられていたレム睡眠が現れ、夢を見やすくなります。

酔っぱらって眠ると、嫌な夢を見て「はっ」として飛び起き、ぱっちりと目が覚めてそのあとなかなか眠れなくなることがありますが、これは、その作用によるものです。

お酒は睡眠の正常なサイクルを壊して睡眠の質を下げるのです。



さらに、眠れないからといってお酒の力を借りていると飲酒量がだんだんと増え、飲まないと眠れなくなって、さらに量が増えるという悪循環に陥ります。

睡眠をお酒でコントロールしていると、お酒の耐性・依存のリスクが高まって、体を壊すことにもなりかねません。

もちろん、お酒を飲んではいけないというわけではありませんが、睡眠に影響の出ない時間帯、たとえば、ランチタイムに飲むならよいでしょう。
働いている人なら、休日の昼間に家でゆっくり楽しむのも、リラックスとリフレッシュのダブル効果があっておすすめです。

晩酌を楽しみたい人は、夕食を早めにスタートし、途中からミネラルウォーターに切り替えましょう。

アルコールが醒めた状態で眠れば、途中で目が覚めることもなく、朝までぐっすり眠れます。

お酒はあくまで嗜好品ですから、睡眠の質を落として生活に支障をきたさない程度に、賢く飲んでください。






うつ病を克服した体験談で生きる力を得よう
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
男と女の恋愛心理を知って、モテ男・モテ女になろう
間違いのない結婚相手の選び方と選ばれ方
結婚できる女性・できない女性の特徴
介護保険の基礎知識
生活習慣病の予防と疲労ストレス解消法
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
恋愛、結婚、離婚、育児問題の根本的解消法
大人のための心理学
大人のための血液型診断
結婚相手、今の彼で本当にいいの?
運勢占い(恋愛・相性・結婚・性格)
今すぐ運気をアップしてツキとチャンスをモノに

 Copyrightc 2015  睡眠・快眠で健康・美容・ダイエットをしよう. All rights reserved.