充実感と満足感のある心地良い睡眠・快眠は健康と美容だけでなくダイエットにもなり、あなたを美しくキレイに変身させるでしょう

Menu ▼
疲れで睡眠・快眠ができない脳のメカニズムは
快眠とスッキリした朝の目覚めのテクニック
睡眠・快眠ダイエットで太らない体質づくり
健康・美容でキレイになる睡眠・快眠の法則
キレイになるには睡眠のためのテクニックがある
「快眠」や「いい眠り」にはすごいメリットや効果
睡眠・快眠の取り方
睡眠・快眠だけでスキンケアの美容ができる
 
疲れで睡眠・快眠ができない脳のメカニズムは
快眠とスッキリした朝の目覚めのテクニック
睡眠・快眠ダイエットで太らない体質づくり
健康・美容でキレイになる睡眠・快眠の法則
キレイになるには睡眠のためのテクニックがある
「快眠」や「いい眠り」にはすごいメリットや効果が
睡眠・快眠の取り方
睡眠・快眠だけでスキンケアの美容ができる

覚醒効果のあるコーヒーなど夜の嗜好品は控えましょう


仕事の合間にちょっとコーヒーブレイクをしたりしますが、コーヒーの香りにはリラックス効果があり、疲れた頭や心を癒してくれますね。

また、カフェインの覚醒作用によって、眠気も吹っ飛び、気分も頭もシャキッとして、新たにやる気がわいてきます。



それだけでなく、コーヒーブレイクは、気分転換にもなります。

ただ、こうしたコーヒーの効果がプラスに働くのは、夕方までです。

夜になるとカフェインの覚醒作用によって、眠れなくなってしまいます。
カフェインの有効時間は約4時間といわれており、寝る4時間前になったらコーヒーを飲むのは控えましょう。

たとえば、夜12時に寝たいのなら、8時以降は我慢することです。


これは、カフェインを含んでいる紅茶や緑茶、ウーロン茶、コーラなども同じです。
また、栄養ドリンクにもコーヒー一杯の程度のカフェインが含まれていることがあります。



忙しいときこそ、いい睡眠をとる必要があるので、オフィスで残業をしながら、うっかり栄養ドリンクやペットボトルのお茶に手を伸ばさないよう気をつけましょう。

コーヒーや紅茶は嗜好品なので、「飲んでいけない」と思うと、余計に飲みたくなったりします。

そういうときは、たとえばディナーの最後についてくるコーヒーはデカスフェインにしたり、紅茶のかわりにハープティーにするとか、緑茶を麦茶にするとか、違う楽しみを見つけてください。

ちなみに、チョコレートにもカフェインが含まれているので、夜8時以降のデザートはチョコレートを使っていないものを選びましょう。

また、たばこに含まれるニコチンにも覚醒作用があります。

ニコチンの効果は1時間ぐらい持続するので、寝る1時間前ぐらいになったらたばこは控えましょう。







うつ病を克服した体験談で生きる力を得よう
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
男と女の恋愛心理を知って、モテ男・モテ女になろう
間違いのない結婚相手の選び方と選ばれ方
結婚できる女性・できない女性の特徴
介護保険の基礎知識
生活習慣病の予防と疲労ストレス解消法
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
恋愛、結婚、離婚、育児問題の根本的解消法
大人のための心理学
大人のための血液型診断
結婚相手、今の彼で本当にいいの?
運勢占い(恋愛・相性・結婚・性格)
今すぐ運気をアップしてツキとチャンスをモノに

 Copyrightc 2015  睡眠・快眠で健康・美容・ダイエットをしよう. All rights reserved.