充実感と満足感のある心地良い睡眠・快眠は健康と美容だけでなくダイエットにもなり、あなたを美しくキレイに変身させるでしょう

Menu ▼
疲れで睡眠・快眠ができない脳のメカニズムは
快眠とスッキリした朝の目覚めのテクニック
睡眠・快眠ダイエットで太らない体質づくり
健康・美容でキレイになる睡眠・快眠の法則
キレイになるには睡眠のためのテクニックがある
「快眠」や「いい眠り」にはすごいメリットや効果
睡眠・快眠の取り方
睡眠・快眠だけでスキンケアの美容ができる
 
疲れで睡眠・快眠ができない脳のメカニズムは
快眠とスッキリした朝の目覚めのテクニック
睡眠・快眠ダイエットで太らない体質づくり
健康・美容でキレイになる睡眠・快眠の法則
キレイになるには睡眠のためのテクニックがある
「快眠」や「いい眠り」にはすごいメリットや効果が
睡眠・快眠の取り方
睡眠・快眠だけでスキンケアの美容ができる

入浴方法の活用によりグッスリ睡眠しよう


ゆったりした快眠には、体温の高低差が大きいほど良いので、入浴によって寝る前後の落差を大きくするのが有効です。

いい睡眠のための入浴は、タイミングと湯温がポイントです。




ぬるめのお風呂の場合は、入浴中の深部体温の上がり方がゆるかで、なおかつ出てからの下がり方もほどよく、30分ほどで眠りに付くことができます。

入眠後は体温が大きく下がり、入浴中の最高体温との大きな落差ができて、深い眠りにつくことができます。

一方、熱めのお風呂の場合は、体温が急激に上がるため、下がるのに時間がかかり、ぬるめのお風呂に入った場合と比べ、寝付くまでに1時間近く余計に時間がかかります。

入眠後も体温があまり下がらず、眠りの質が下がってしまうことになります。

また、熱めのお湯につかると血圧が急激に上がってからだが緊張し、交感神経が刺激されますが、ぬるめのお湯につかると体の緊張がゆるんで副交感神経が刺激されます。



寝るときはリラックスモードの副交感神経のスイッチをオンにすることが大事なので、この点からも、夜はぬるめのお風呂が適しているといえます。

次に、お風呂に入るタイミングですが、寝る直前の入浴は、かえって寝つきを悪くします。

入浴時間やふとんに入ってから寝付くまでにかかるロスタイムを考えますと、だいたい寝る1時間半から2時間ぐらい前がベストといえるでしょう。

その時間帯にぬるめのお風呂に30分ほどつかりましょう。
心身ともにゆっくり温まってリラックスし、体のほてりをとってから寝ると、心地よく眠りに付くことができます。

熱めのお湯につかるのが好きな人は、朝入るのも手です。

熱いお湯が交感神経を刺激して、目覚めをよくしてくれます。






うつ病を克服した体験談で生きる力を得よう
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
男と女の恋愛心理を知って、モテ男・モテ女になろう
間違いのない結婚相手の選び方と選ばれ方
結婚できる女性・できない女性の特徴
介護保険の基礎知識
生活習慣病の予防と疲労ストレス解消法
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
恋愛、結婚、離婚、育児問題の根本的解消法
大人のための心理学
大人のための血液型診断
結婚相手、今の彼で本当にいいの?
運勢占い(恋愛・相性・結婚・性格)
今すぐ運気をアップしてツキとチャンスをモノに

 Copyrightc 2015  睡眠・快眠で健康・美容・ダイエットをしよう. All rights reserved.