充実感と満足感のある心地良い睡眠・快眠は健康と美容だけでなくダイエットにもなり、あなたを美しくキレイに変身させるでしょう

Menu ▼
疲れで睡眠・快眠ができない脳のメカニズムは
快眠とスッキリした朝の目覚めのテクニック
睡眠・快眠ダイエットで太らない体質づくり
健康・美容でキレイになる睡眠・快眠の法則
キレイになるには睡眠のためのテクニックがある
「快眠」や「いい眠り」にはすごいメリットや効果
睡眠・快眠の取り方
睡眠・快眠だけでスキンケアの美容ができる
 
疲れで睡眠・快眠ができない脳のメカニズムは
快眠とスッキリした朝の目覚めのテクニック
睡眠・快眠ダイエットで太らない体質づくり
健康・美容でキレイになる睡眠・快眠の法則
キレイになるには睡眠のためのテクニックがある
「快眠」や「いい眠り」にはすごいメリットや効果が
睡眠・快眠の取り方
睡眠・快眠だけでスキンケアの美容ができる

快眠には夜の部屋の照明も暗くすることか大切


夜は暗いものという考えは、24時間眠らない現代社会では、もはや当たり前ではないかもしれません。

これは、良質な睡眠を取るためには、本当はよくありません。



夜は、光の刺激はできるだけ避け、とくに体温が下がりはじめ、メラトニンの分泌が始まる夜10時以降は、強い光を浴びないことが大切です。


たとえば、オフィスやコンビニエンスストアなど、蛍光灯の白い光が煌々とついているところに長時間いると、目が覚めて夜の寝つきが悪くなってしまいます。

残業はやむを得ませんが、それで遅くなった日は、せめてコンビニには立ち寄らず、まっすぐ帰宅しましょう。

また、夜はテレビを見てくつろいだり、パソコンでインターネットをする人も多いと思いますが、モニターからも強い光を浴びています。

夜10時以降はテレビやパソコンのモニター照度を下げ、時間もほどほどにしましょう。

部屋の明かりも夜はなるべく暗くするのが理想です。



明るさを調整できる照明器具を使ったり、間接照明を取り入れたりするなど、夜の照明を工夫してみてください。暖色系で香りの効果も期待できるアロマキャンドルもおすすめです。

眠るときには部屋の明かりをすべて消したいところですが、真っ暗では眠れないという人もいると思います。

夜中にトイレに行くことも考えて、ホテルの客室で使われているようなフットライトを利用するのもいいでしょう。

足元をほんのり照らすぐらいのわずかな明かり(10ルックス程度)なら、睡眠の妨げにはならないはずです。

また、外からの光を防ぐために遮光カーテンを使っている人は、少し隙間をあけておくようにしてください。
というのも、私たちの体は明け方に太陽の光を浴びることで、体内時計の周期が20時間から24時間にリセットされるからです。

遮光カーテンを閉め切って、朝の光をシャットアウトすると、なかなか起きられなくなってしまいます。

夜は光を避け、朝は光を浴びる。これがいい眠りとさわやかな目覚めを導くための重要なポイントです。






うつ病を克服した体験談で生きる力を得よう
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
男と女の恋愛心理を知って、モテ男・モテ女になろう
間違いのない結婚相手の選び方と選ばれ方
結婚できる女性・できない女性の特徴
介護保険の基礎知識
生活習慣病の予防と疲労ストレス解消法
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
恋愛、結婚、離婚、育児問題の根本的解消法
大人のための心理学
大人のための血液型診断
結婚相手、今の彼で本当にいいの?
運勢占い(恋愛・相性・結婚・性格)
今すぐ運気をアップしてツキとチャンスをモノに

 Copyrightc 2015  睡眠・快眠で健康・美容・ダイエットをしよう. All rights reserved.