充実感と満足感のある心地良い睡眠・快眠は健康と美容だけでなくダイエットにもなり、あなたを美しくキレイに変身させるでしょう

Menu ▼
疲れで睡眠・快眠ができない脳のメカニズムは
快眠とスッキリした朝の目覚めのテクニック
睡眠・快眠ダイエットで太らない体質づくり
健康・美容でキレイになる睡眠・快眠の法則
キレイになるには睡眠のためのテクニックがある
「快眠」や「いい眠り」にはすごいメリットや効果
睡眠・快眠の取り方
睡眠・快眠だけでスキンケアの美容ができる
 
疲れで睡眠・快眠ができない脳のメカニズムは
快眠とスッキリした朝の目覚めのテクニック
睡眠・快眠ダイエットで太らない体質づくり
健康・美容でキレイになる睡眠・快眠の法則
キレイになるには睡眠のためのテクニックがある
「快眠」や「いい眠り」にはすごいメリットや効果が
睡眠・快眠の取り方
睡眠・快眠だけでスキンケアの美容ができる

睡眠時間より起きる時間を優先しよう


「朝すっきり目覚めたいから、夜は少しでも早く寝てみよう」

「今日は仕事があって夜遅く寝ることになるから、明日の朝は寝過ごしてしまうかも」



だれでも、朝は気持ちよくすっきりと目覚めたいために、夜はできるだけ早く寝ようと考えるものですが、あまり寝る時間だけ気にするのもよくありません。

経験からいっても、夜寝る時間は規則正しくいかないにしても、いい睡眠を手に入れるためには、できるだけ、朝起きる時間のほうを意識するべきです。

たとえば、夜は11時ごろに疲労度が高くなって眠くなり、朝は7時頃に起きて活動を始めるという、睡眠リズムができているとしましょう。

そういう人が、たまたま「前日遅くなって今朝は眠いから」と朝寝坊をして9時に1日をスタートさせますと、夜11時までにいつもと同じだけの疲労度を得ることはできず、朝起きに2時間のズレがあるため、翌日の朝1時ごろに疲労度が最高に高まることになります。

その状態で、いつもと同じように午後11時頃に就寝時間がきたからといってふとんに入っても、なかなか寝付かれず、結果、いつもより寝る時間が遅くなってしまうというものです。



そうなりますと、睡眠の悪循環に陥って、翌朝7時にはまだ眠い状態が続きます。

ですから、夜寝られなかったからといって、朝起きる時間をずらし始めると、すべてが後ろ倒しになってしまいます。

この悪い流れをつくらないためにも、朝起きる時間を優先させましょう。
いつも決まった時間に起きていれば、遅寝遅起きの悪循環にはまることはありません。

夜十分に眠れていなくても、朝はとにかく決まった時間に起きましょう。

睡眠時間が短くなった分、昼寝は寝不足で少し辛いかもしれませんが、そのつらさは疲労感となって、その日の夜の深い眠りにつながります。

そこでぐっすり眠れば、翌朝はすっきりと目覚めることができます。
休日も同様です。

たとえば、金曜日に夜更かしをしても、土曜の朝はいつもどおりに起きて、その分、少し早めに寝る。そうすることで、1週間のスタートである月曜日の朝を、すっきりさわやかに迎えることができます。






うつ病を克服した体験談で生きる力を得よう
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
男と女の恋愛心理を知って、モテ男・モテ女になろう
間違いのない結婚相手の選び方と選ばれ方
結婚できる女性・できない女性の特徴
介護保険の基礎知識
生活習慣病の予防と疲労ストレス解消法
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
恋愛、結婚、離婚、育児問題の根本的解消法
大人のための心理学
大人のための血液型診断
結婚相手、今の彼で本当にいいの?
運勢占い(恋愛・相性・結婚・性格)
今すぐ運気をアップしてツキとチャンスをモノに

 Copyrightc 2015  睡眠・快眠で健康・美容・ダイエットをしよう. All rights reserved.