充実感と満足感のある心地良い睡眠・快眠は健康と美容だけでなくダイエットにもなり、あなたを美しくキレイに変身させるでしょう

Menu ▼
疲れで睡眠・快眠ができない脳のメカニズムは
快眠とスッキリした朝の目覚めのテクニック
睡眠・快眠ダイエットで太らない体質づくり
健康・美容でキレイになる睡眠・快眠の法則
キレイになるには睡眠のためのテクニックがある
「快眠」や「いい眠り」にはすごいメリットや効果
睡眠・快眠の取り方
睡眠・快眠だけでスキンケアの美容ができる
 
疲れで睡眠・快眠ができない脳のメカニズムは
快眠とスッキリした朝の目覚めのテクニック
睡眠・快眠ダイエットで太らない体質づくり
健康・美容でキレイになる睡眠・快眠の法則
キレイになるには睡眠のためのテクニックがある
「快眠」や「いい眠り」にはすごいメリットや効果が
睡眠・快眠の取り方
睡眠・快眠だけでスキンケアの美容ができる

太ったり、痩せるメカニズムは何?


「今の体重を維持するには、やはりダイエットを心がけないと」と考えて、スポーツジムに通ったり、朝食にバナナを食べたり、食事を制限したりと、いろいろとダイエットに取り組んだことはないでしょうか。



しかし、太りにくい体質は眠り方によって可能であるし、あなたの美しいボディやスタイルをそのまま維持することもできるようになりますよ。

だいたい、人が太ったり、痩せたりするメカニズムはとても簡単なものです。

食べものや飲みものから摂取するカロリーが、体が消費するカロリーよりも多ければ、そのあまったカロリーが脂肪となって身につき、太ります。

ですから、もしあなたが「そんなに食べていないのに、すぐ太ってしまう」と思っているとしたら、それはカン違いです。余剰カロリーがない限り、人は太りません。

自分では食べていないつもりでも、実際にはしっかり食べているのです。



したがって、痩せるためには、体に入るカロリーと出るカロリーを比べ、カロリー収支をマイナスにすることが重要です。

それではどのくらいカロリーを摂取して、どのくらい消費すればいいかというと、それは個人差があります。

たとえば、毎日2000kcal食べて太らない人もいれば、1600kcalでも太る人がいます。

そこで、自分のカロリー収支のバランスを知る目安として、ここ1〜2ヶ月間の体重を考えてください。

変化がなければ、それはカロリー収支のバランスがあっているということです。

もし、わずかずつでも体重が増えていれば、余剰カロリーがあるということです。そこから体重を減らすには、今までより摂取カロリーを控えるか、消費カロリーを増やすしかありません。






うつ病を克服した体験談で生きる力を得よう
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
男と女の恋愛心理を知って、モテ男・モテ女になろう
間違いのない結婚相手の選び方と選ばれ方
結婚できる女性・できない女性の特徴
介護保険の基礎知識
生活習慣病の予防と疲労ストレス解消法
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
恋愛、結婚、離婚、育児問題の根本的解消法
大人のための心理学
大人のための血液型診断
結婚相手、今の彼で本当にいいの?
運勢占い(恋愛・相性・結婚・性格)
今すぐ運気をアップしてツキとチャンスをモノに

 Copyrightc 2015  睡眠・快眠で健康・美容・ダイエットをしよう. All rights reserved.