充実感と満足感のある心地良い睡眠・快眠は健康と美容だけでなくダイエットにもなり、あなたを美しくキレイに変身させるでしょう

Menu ▼
疲れで睡眠・快眠ができない脳のメカニズムは
快眠とスッキリした朝の目覚めのテクニック
睡眠・快眠ダイエットで太らない体質づくり
健康・美容でキレイになる睡眠・快眠の法則
キレイになるには睡眠のためのテクニックがある
「快眠」や「いい眠り」にはすごいメリットや効果
睡眠・快眠の取り方
睡眠・快眠だけでスキンケアの美容ができる
 
疲れで睡眠・快眠ができない脳のメカニズムは
快眠とスッキリした朝の目覚めのテクニック
睡眠・快眠ダイエットで太らない体質づくり
健康・美容でキレイになる睡眠・快眠の法則
キレイになるには睡眠のためのテクニックがある
「快眠」や「いい眠り」にはすごいメリットや効果が
睡眠・快眠の取り方
睡眠・快眠だけでスキンケアの美容ができる


ぐっすり眠れなくても眠りのパターンをつくろう


いつも7時間半ぐらい寝ているのに、熟睡した感じがしなくて、疲れが残ってしまうといういう人はいませんか。



そういう人は、たいてい寝付くまでに時間がかかっていたり、夜中に何度も目が覚めたりしているのではないでしょうか。

そのような人は、「眠りの質」が低下しています。

眠りの質の決め手となるのは、睡眠の「型」と「リズム」で、睡眠の型とは、レム睡眠とノンレム睡眠による90分の睡眠サイクルのことです。

この90分の睡眠サイクルを繰り返しながら途中で目覚めることなく眠り続け、自然に覚醒するという睡眠全体の「型」を保つことができているかどうかが、眠りの質の良し悪しにつながるようです。

睡眠の「リズム」とは、夜自然と眠くなり朝も自然に目覚める睡眠・覚醒のリズムのことです。

不規則な生活で寝る時間も定まっていないと、睡眠・覚醒のリズムが崩れて、夜になっても眠れず、朝は起きられないという悪循環にはまってしまいます。



徹夜したとか極端な寝不足の場合は別ですが、1時間〜1時間半ぐらいの寝不足なら、睡眠の型とリズムがそろっていれば、昼間活動的に過ごすことができるでしょう。

たとえば、朝起きたときにそれなりに満足感があり、目覚めもスッキリしてさわやかであれば、午前中はイキイキとしてやる気があり、頭もシャープに働いて、仕事や勉強でいいパフォーマンスを発揮できはずです。

昼下がりに多少の眠気はあっても、ちょっと仮眠を取ればまた元気になり、夕方まで注意力も集中力も持続できるものです。

夜は一日の疲れが出て自然と眠たくなり、ふとんに入ったらそれほど時間もかからずにストンと寝てしまう。
そして、途中で目が覚めることなく朝まで眠り続けられる。

こんなふうに、多少睡眠時間が短くても、眠りの質がよければ、より満足度の高い状態に近づくことができるはずです。






うつ病を克服した体験談で生きる力を得よう
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
男と女の恋愛心理を知って、モテ男・モテ女になろう
間違いのない結婚相手の選び方と選ばれ方
結婚できる女性・できない女性の特徴
介護保険の基礎知識
生活習慣病の予防と疲労ストレス解消法
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
恋愛、結婚、離婚、育児問題の根本的解消法
大人のための心理学
大人のための血液型診断
結婚相手、今の彼で本当にいいの?
運勢占い(恋愛・相性・結婚・性格)
今すぐ運気をアップしてツキとチャンスをモノに

 Copyrightc 2015  睡眠・快眠で健康・美容・ダイエットをしよう. All rights reserved.