充実感と満足感のある心地良い睡眠・快眠は健康と美容だけでなくダイエットにもなり、あなたを美しくキレイに変身させるでしょう

Menu ▼
疲れで睡眠・快眠ができない脳のメカニズムは
快眠とスッキリした朝の目覚めのテクニック
睡眠・快眠ダイエットで太らない体質づくり
健康・美容でキレイになる睡眠・快眠の法則
キレイになるには睡眠のためのテクニックがある
「快眠」や「いい眠り」にはすごいメリットや効果
睡眠・快眠の取り方
睡眠・快眠だけでスキンケアの美容ができる
 
疲れで睡眠・快眠ができない脳のメカニズムは
快眠とスッキリした朝の目覚めのテクニック
睡眠・快眠ダイエットで太らない体質づくり
健康・美容でキレイになる睡眠・快眠の法則
キレイになるには睡眠のためのテクニックがある
「快眠」や「いい眠り」にはすごいメリットや効果が
睡眠・快眠の取り方
睡眠・快眠だけでスキンケアの美容ができる


睡眠時間は少なくても多くても良くありません


結論から言いますと、必要な睡眠時間には個人差がありますが、そのうえで、「理想の睡眠時間は」と聞かれれば、ズバリ「7時間半」です。


日本の女性は睡眠時間が短く、寝不足傾向にあるといわれていますが、それでは、どのくらい睡眠時間が、心と体にとってベストなのでしょう。



実は、100%の能力を日中に発揮するために必要な睡眠時間には個人差があります。

3〜4時間程度の短い睡眠で平気な「ショートスリーパー」と呼ばれる人もいれば、半日ぐらい寝ないと調子の出ない「ロングスリーパー」と呼ばれる人もいます。

よく言われますが、ナポレオンは3〜4時間しか眠らないショートスリーパー、反対にアインシュタインは10時間以上眠るロングスリーパーだったようです。

こうした必要な睡眠時間の差には、遺伝子やその人の性格などが影響していると考えられますが、はっきりしたことはまだ解明されていないようです。



アメリカで、平均睡眠時間と6年後の生存率に関する調査が実施された結果、6時間半から7時間半寝ている人の生存率がもっとも高いことが分かっております。

また、この調査では、6時間半から7時間半寝ている人の死亡率を1とすると、それより睡眠時間の短い人の死亡率は1.3倍、逆に長い人は1.4倍にのぼることも分かりました。

そういった調査結果などから、現在は7時間半の睡眠をとるのがベストとされています。

睡眠時間が短すぎると体によくないということは実感できても、たくさん寝ると体に悪いというのはピンとこないかもしれませんね。

でも、データが示すように、寝すぎるのもまた体によくありません。

ものごとはなんでも適度ということが大切ですね。







うつ病を克服した体験談で生きる力を得よう
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
男と女の恋愛心理を知って、モテ男・モテ女になろう
間違いのない結婚相手の選び方と選ばれ方
結婚できる女性・できない女性の特徴
介護保険の基礎知識
生活習慣病の予防と疲労ストレス解消法
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
恋愛、結婚、離婚、育児問題の根本的解消法
大人のための心理学
大人のための血液型診断
結婚相手、今の彼で本当にいいの?
運勢占い(恋愛・相性・結婚・性格)
今すぐ運気をアップしてツキとチャンスをモノに

 Copyrightc 2015  睡眠・快眠で健康・美容・ダイエットをしよう. All rights reserved.