充実感と満足感のある心地良い睡眠・快眠は健康と美容だけでなくダイエットにもなり、あなたを美しくキレイに変身させるでしょう

Menu ▼
疲れで睡眠・快眠ができない脳のメカニズムは
快眠とスッキリした朝の目覚めのテクニック
睡眠・快眠ダイエットで太らない体質づくり
健康・美容でキレイになる睡眠・快眠の法則
キレイになるには睡眠のためのテクニックがある
「快眠」や「いい眠り」にはすごいメリットや効果
睡眠・快眠の取り方
睡眠・快眠だけでスキンケアの美容ができる
 
疲れで睡眠・快眠ができない脳のメカニズムは
快眠とスッキリした朝の目覚めのテクニック
睡眠・快眠ダイエットで太らない体質づくり
健康・美容でキレイになる睡眠・快眠の法則
キレイになるには睡眠のためのテクニックがある
「快眠」や「いい眠り」にはすごいメリットや効果が
睡眠・快眠の取り方
睡眠・快眠だけでスキンケアの美容ができる

7時間半が美肌の最適睡眠


美肌のための最適睡眠時間である理想の7時間半をキープすれば、毎晩眠るたびにイキイキと美しく生まれ変わっていきます。




現在日本人で一番多いのは7時間睡眠だそうですが、4時間ほどの睡眠で大丈夫な人もいれば、8時間寝てもまだ眠い人もいます。

人間にとって最適な睡眠時間というのはどのくらいなのだろうか?

人に必要な睡眠量には個人差があり、7〜8時間の場合が多いということです。

カリフォルニア大学サンディエゴ校と名古屋大学医学部大学院の研究では7時間以上、8時間未満の場合に平均余命が最も長くなるという報告もあります。

睡眠時間と健康の関係では、統計的に、うつ病は平均的な睡眠時間(7時間台)の人がもっともなりにくく、睡眠時間が短い人は、血中の食欲を抑えるレプチンが少なく食欲を増進させるグレリンが多いそうです。その結果、睡眠時間が短くなるほど食欲が亢進しやすく肥満になるリスクが高くなります。



実は近年の研究によって、睡眠時間が7時間半より短くても、長くても、太りやすく、メタボリック体型になりやすいことがわかっています。

さらに、7時間半睡眠の人はもっとも免疫力が高く、糖尿病や高血圧になるリスクが低いというデータも出ています。

疲れを取る理想の睡眠時間は7時間半が適正で、これは、美しくなるためにも理想的な時間といえそうです。

睡眠不足は肌には大敵でありますが、寝すぎてしまうのも、美容や健康にはよくありません。

免疫力が上がる7時間半睡眠は、美肌にとっても理想的な睡眠時間で、ダイエット効果もスキンケア効果も大いに期待できます。

寝付くまでの時間を考慮しても8時間が理想でしょう。

さあ、今夜から目覚まし時計のセットタイムから逆算して7〜8時間前にはベッドに入りましょう。






うつ病を克服した体験談で生きる力を得よう
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
男と女の恋愛心理を知って、モテ男・モテ女になろう
間違いのない結婚相手の選び方と選ばれ方
結婚できる女性・できない女性の特徴
介護保険の基礎知識
生活習慣病の予防と疲労ストレス解消法
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
恋愛、結婚、離婚、育児問題の根本的解消法
大人のための心理学
大人のための血液型診断
結婚相手、今の彼で本当にいいの?
運勢占い(恋愛・相性・結婚・性格)
今すぐ運気をアップしてツキとチャンスをモノに

 Copyrightc 2015  睡眠・快眠で健康・美容・ダイエットをしよう. All rights reserved.